now loading

皮膚科・小児皮膚科

こどもから大人まで
すべての皮膚疾患に対応いたします

皮膚科診療風景

湿疹、ニキビ、たむし、とびひ、ヘルペスなどのありふれた病気からアトピー性皮膚炎やアレルギー関連、乾癬、掌蹠膿疱症、酒さ、脱毛症などの難治性の病気などもご相談ください。
当院では、患者さんの既往症や生活背景なども問診しながらお伺いし、ただ薬を処方するだけで終わる診療ではなく、患者さんひとりひとりに合わせた、食事・嗜好品などの生活習慣の改善を提案し、総合して治療を行っていきます。

こんな症状がありましたらご相談ください

  • 湿疹
  • かぶれ(接触皮膚炎)
  • アトピー性皮膚炎
  • 皮膚のカサカサ(乾燥肌)
  • 皮膚のかゆみ
  • じんましん
  • 虫刺され
  • 乾癬(かんせん)
  • 皮膚のできもの
    (脂溶性角化症、粉瘤など)
  • いぼ(尋常性疣贅、扁平疣贅
    などウイルス性のいぼ)
  • ヘルペス(単純ヘルペス)
  • 帯状疱疹
  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • 水いぼ(伝染性軟属腫)
  • にきび(尋常性ざ瘡)
  • 水虫・いんきん・たむし
  • カンジダ
  • 癜風
  • 酒さ(赤ら顔)
  • 虫刺され
  • 汗疹(あせも)
  • とびひ

皮膚疾患について

手荒れ・手湿疹

手荒れ・手湿疹

手や指先は体の中で一番よく使う部位の1つです。常に外界と接触することで、皮膚の表面を覆っている皮脂が減り、かさついてしまいます。
その様な状況で農作業や水仕事などを行うと、それが刺激となり一番刺激を受けた所から湿疹が生じます。 初めのうちは指先を中心にかさつきが生じ、進行すると指全体、手のひらに赤み、かゆみが広がります。ひどくなるとひび割れて傷になり痛みも出てきます。

治療は失われた皮脂、水分を補う保湿剤、赤みや痒みを抑える外用・内服薬を症状に応じて使用します。
ひび割れた部分には医薬品のテープを貼ったり、ガーゼに外用薬を伸ばして貼る場合もあります。
治療で症状が良くなっても、しばらくすると症状が戻ってしまうこともあります。
一旦改善しても根気よくスキンケアを続け、外の刺激から皮膚を守ることが大切です。
そして原因を探し取り除くことも大切です。患者さんそれぞれの状況で、日常生活の中ではどうしても原因を取り除けない場合も多くあります。少しでも刺激を避けるために患者さんそれぞれに合ったアドバイスをさせて頂きます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、早い方では生後2~3ケ月頃からみられ、顔や首に湿疹が生じ、徐々に体や手足に広がってきます。左右対称性に皮疹がみられ、肘や膝の内側などにも治りにくい湿疹が生じて慢性的に続く疾患です。
悪化すると痒みも非常に強くなります。成長とともに自然に改善する傾向がありますが、大人になっても上半身や顔の湿疹がなかなかよくならない方もみられます。
特に小児期以降のアトピー性皮膚炎では皮膚の乾燥症状が多く生じます。
乾燥状態のまま放置しておくと、外からの刺激に敏感になってしまうので、湿疹になりやすくなります。また汗などの刺激にも敏感です。日頃から乾燥を防ぎ、汗をかいたらこまめにふき取るなどのスキンケアが大切になります。
治療はステロイド外用薬、保湿剤、免疫抑制剤の外用薬、そして抗アレルギー薬の内服を中心に治療を始めます。漢方薬の内服を処方する場合もあります。
患者さんの症状に合わせて使用する薬剤、量も変わってきます。生活スタイルに合わせて治療が続けられる最も良い方法をご提案させて頂きます。

接触皮膚炎(かぶれ)

接触皮膚炎(かぶれ)

触れてしまった物が原因で皮膚が赤く、痒くなり、湿疹ができる疾患です。はっきり原因が分かっている場合もありますが、多くは知らないうちにかぶれる原因に触れてしまい、皮膚が赤くなり痒いため受診されます。早期は触れた部位にだけ皮疹がみられますが、掻くのを繰り返すうちに皮疹が広がってしまうことも多くあります。
原因は指輪やピアスなど金属によるかぶれから、植物、虫、洗剤に至るまで日常生活で触れる多くの物が原因になり得ます。そのため、症状が出る前に触れた物や、化粧品など普段使用するものを変更しなかったかなど、患者様本人からお話を聞くことがとても重要になります。
原因を特定し、触れないようにすることが治癒への近道です。原因を取り除き、外用剤と必要に応じて内服も組み合わせて治療します。

蕁麻疹(じんましん)

蕁麻疹(じんましん)

虫刺されのような発疹が突然現れて、とても痒いことが多いのが特徴です。そして、一つ消えても体の他の部位に現れ、体中に広がることもあります。1つの発疹自体は24時間以内に消えるのが特徴ですが、他の部分には蕁麻疹が残っているので、症状がずっと続くこともあります。
ご本人からお話を聞いて蕁麻疹の原因が分かれば、それを避けるようにします。しかし実際は原因が分からないことが多くあります。
治療は抗アレルギー剤の内服が中心になります。症状により外用剤も併用します。慢性的に蕁麻疹が続く場合はしばらく内服を続け、少しずつ量や回数を減らしていきます。ストレスや体調も大きく影響します。生活リズムを整え、ストレスを溜めない工夫をされると良いです。

ニキビ(尋常性ざそう)

ニキビ(尋常性ざそう)

ニキビは顔や背中や胸のあたりにできやすく、多くは小学校の高学年から出てきます。ニキビの程度は様々ですが、特に顔に出来た場合、目立ってしまうので多くの方が悩まれる疾患の一つです。
思春期に出来るニキビはホルモンの影響が強く、皮脂の分泌が増えることで毛穴が皮脂で詰まりやすくなります。皮脂を養分にしてアクネ桿菌が増えすぎてしまいニキビが出来ます。
大人のニキビは生活環境やストレス、睡眠不足など多くの要因が原因となります。治りにくく、一度できたニキビを何度も触る癖がある方は特にその傾向が強くなります。
現在、医療機関では様々なニキビの治療薬がありますが、肌質によって治療薬が変わってきます。当院ではその方に一番合った治療法をご提案させて頂きます。

みずむし・いんきん・たむし

みずむし・いんきん・たむし

白癬菌というカビが原因で起こる皮膚感染症です。できた場所によって名前が違い、白癬菌が足に感染したものを足白癬、爪に感染したものを爪白癬、その他の皮膚に感染したものを体部白癬とよびます。一般的には体にできた場合はぜにたむし、陰股部にできた場合はいんきんたむし、頭にできた場合はシラクモなどと呼ばれています。
治療は爪にできたみずむし以外は外用による治療が中心になります。
外用し、しばらくすると痒みが取れてきます。しかしかゆみがとれたからといって、すぐ塗るのをやめてしまうと元に戻ってしまいます。
実は痒みが取れても菌はまだ皮膚に残っています。
しっかりと根気よく外用を続けることが大切です。
爪白癬は血液検査をしながらの内服治療が主体です。しかし最近は新しい外用薬が開発され、外用薬による爪水虫治療も可能になりました。肝機能が悪いせいで内服治療が出来なかった、など治療を諦めていた方もお気軽にご相談ください。
水虫の外用薬は市販薬も多く、薬局で手に入りますが、足白癬と似た皮膚病はたくさんあります。
市販薬にはかゆみ止めや局所麻酔薬などの成分が配合されていることが多く、市販薬でかぶれて受診される方も多くみられます。
皮膚科で顕微鏡検査をうけて確定診断してからの治療をお勧めします。

癜風(でんぷう)

癜風(でんぷう)

癜風(でんぷう)菌という皮膚に元々常在しているカビが原因で起こる皮膚病です。
黒~薄茶色のあざのようにみえる斑点ができ、広がる病気で、その見た目から黒ナマズ、白ナマズなどと呼ばれることもあります。
夏に多く、汗で蒸れたり脂っぽい皮膚の環境下で、癜風菌が増えすぎて起こります。
肥満や糖尿病、免疫抑制剤を投与中の方にもみられますが、20~40代の健康な方で汗をよくかいたり、脂症の肌質の方にも多くみられます。
胸、背中、脇などに多くみられ、自覚症状はほとんどないか、あっても軽度のかゆみがあるくらいです。茶色っぽい斑点が最近増えてきた、最近体に色むらが広がってきた、といって受診される方が多い疾患です。
診断は、表面をこすって顕微鏡で検査して確定します。

治療は外用薬を用います。範囲が広い場合は抗真菌剤を内服することもあります。皮膚の常在菌であるため再発することも多く、毎年夏になると受診される方も多くみられます。また良くなったからといって外用をすぐにやめてしまうと、ひと夏の間に何度も再発を繰り返す場合があります。治ったあとも色素沈着、色素脱失などが残ることもありますので、症状がでたら早めに受診して頂くのをお勧めします。

小児のアトピー性皮膚炎・乳児湿疹

小児のアトピー性皮膚炎・乳児湿疹

アトピー性皮膚炎は元々皮膚バリア機能の低下が体質としてみられ、アレルギー体質もあるお子様が、何度も湿疹を繰り返すことを言います。乳児では2か月、その他では6か月以上症状のある子をアトピー性皮膚炎と診断します。この診断基準に満たない子のことを乾燥性湿疹、乳児湿疹と呼びます。
乳幼児では皮膚のもっとも外側にある角質が薄いため、皮膚のバリア機能が未熟です。
アトピー性皮膚炎のお子様はさらにその機能が低下しています。そのため、正常な皮膚では何の刺激にもならないようなわずかな刺激であっても、炎症が起こり、掻くことによりさらに悪化してしまいます。
バリア機能を改善させるスキンケア、かゆみ、炎症を治す治療、悪化要因の除去が治療の柱になります。
近年、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関連が指摘されるようになりました。
最近では食べることだけではなく、原因物質を吸い込んだり、触れることによっても発症することが分かっています。そのため、皮膚のカサカサを放置しておくと、皮膚からアレルギー物質が侵入し、ぜんそくや花粉症などのアレルギー疾患を引き起こす要因になってしまうことがわかっています。将来さまざまなアレルギー疾患で悩まないようにするためにも、皮膚のカサカサを治すことはとても重要になります。当院ではアトピー性皮膚炎のお子さんのスキンケアや、外用剤の塗り方、日常生活での注意点なども説明させて頂きます。少しでも心配なことがあればご相談ください。

おむつかぶれ・おむつ皮膚炎・(皮膚カンジダ症)

おむつかぶれ・おむつ皮膚炎・(皮膚カンジダ症)

赤ちゃんのおむつかぶれの原因は様々考えられます。おしっこやウンチが皮膚の刺激や蒸れの原因になったり、おむつやおしりふきの繊維や、おしりふきに含まれる消毒成分などによるかぶれ、紙おむつのサイズが合っていないために、紙おむつがこすれてしまい、かぶれる原因になっていることもあります。
特におなか周りやおしり、太ももなどはおむつが長時間当たっているため、サイズが合っていてもこすれて赤くなりやすい部位です。下痢を繰り返していたり、汚れたおむつが長時間交換していなかった場合など、皮膚がめくれて、ただれることもあります。
また、お母さんにつれてこられた赤ちゃんの中に、カンジダというカビが原因で、おしりや股が赤くただれている子もいます。
カンジダが原因の場合は、股や肛門周囲などおむつが直接当たりにくい、くびれた部分が赤くなっていることが多くみられます。また、薄く皮がめくれていたり、膿が溜まったような小さいプツプツがでることもあります。
おむつの中は湿気が多くかぶれやすく、カンジダなどのカビも付きやすい部位です。かぶれに見えてもカンジダが付いていることもあるため、疑わしい時は顕微鏡検査をさせて頂きます。検査でカンジダの有無を確認して一人一人のお子様に合った薬を処方させて頂きます。
「以前、他の病院でもらった薬を塗ったのに治らない。」
「市販のお薬を塗ったらよけいひどくなっってしまった。」
などのお話を診察室で伺うことがあります。
診察させていただくと、前回はおむつかぶれでよかったのですが、今回はカンジダになっている場合があり、市販薬でかぶれているということもあります。自己判断せずに受診して何でも相談して頂きたいと思います。

みすいぼ(伝染性軟属腫)

みすいぼ(伝染性軟属腫)

軟属腫ウイルスによる感染症です。乳幼児からみられ、小児の皮膚によくみられる皮膚疾患です。
水いぼは良く見ると中心に凹みがあるのが特徴です。色は肌色か少し赤みがある場合もあります。大きさはとても小さいもので点状にぷつぷつが出来てきます。大きい場合は小豆くらいまでになります。手足だけでなく、顔や陰部など全身どこにでもできます。
ぷつぷつの中には軟属腫小体と呼ばれる白っぽい塊が入っています。これはウイルスが感染した細胞の塊で、これに接触することで次々に水いぼが広がります。感染力が強く、幼稚園や保育園、小学校やスイミングでうつることが多くみられます。入浴時など兄弟間で感染することもあります。移ってから水いぼが出るまでの潜伏期間は14日から50日と幅があり、一度治ったと思っても、また出てくることがあります。水いぼを引っ掻いてしまうことで水いぼが増えたり、引っ掻いた傷からとびひになることもあります。放置しても自然に治る傾向がありますが、かなり時間がかかります。
医療機関によっては、水いぼは自然に治る傾向があり、取ってもお子さんが痛い思いをするし、取った跡が残ることもあるので、水いぼをとらず様子を見る場合もあります。その一方で、取らないとどんどん数が増えて、プールに入れなかったり、水いぼを掻き壊してとびひになり、重症化してしまうこともあります。
当院では取る場合は麻酔(痛み止め)のシールを水いぼに貼って、痛みを少なくして取ることもお勧めしています。ご両親の希望や、取る場合と取らない場合のメリット、デメリットを説明させて頂いて、よく話し合って治療方針を決めさせていただきます。

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)

細菌による感染症です。とびひの部分に接触したり、とびひに触れた手を介して感染します。火事が飛び火するように広がっていくことから「とびひ」と呼ばれています。細菌のついた手であせも、虫さされ、湿疹などを引っ掻いたり、擦り傷に感染することで広がります。黄色っぽい小さな膿のあるプツプツが乾燥したり、破れてかさぶたを作るタイプと、水ぶくれが出来て、破れてびらんを作るタイプがあります。6月から9月の夏場に多く、皮膚のバリア機能、免疫機能が未熟な小児に多くみられますが、最近ではエアコンの普及で冬にも見られます。
抗生物質の内服、外用で治療します。
とびひの部分を清潔に保つため、入浴時は泡立てた石鹸でやさしく洗った後は、石鹸が残らないようにシャワーでしっかりと流します。
プールはお休みすることをおすすめします。

くはら皮フ科・くはら循環器内科

〒866-0898
熊本県八代市古閑中町1210番地

アクセスガイド
  • 駐車場
    完備
  • 女性医師
    による対応
  • 皮膚科
    専門医
  • キッズ
    スペース有り

診療案内

 
午前-
午後--
午前: 9:00~12:30 午後:14:00~18:00
休診日:日曜、祝日
※木曜日の午後、皮膚科は予約診療のみ。なお、内科は通常通り診療しております。
お肌のことでお悩みならお気軽にご相談ください
tel:000-000-0000

受付時間:9:00~12:30 14:00~18:00 休診日:日・祝

お問い合わせ