顔がほてりやすく、顔に赤みが生じる慢性的な疾患です。

やがて鼻や頬、眉間などの赤みがずっと続くようになり、毛細血管拡張、皮膚が脂っぽくなります。さらに丘疹や膿疱(ニキビのような赤いぽつぽつや膿を持ったような白いぽつぽつ)が生じてきます。皮疹も顔全体に広がります。原因ははっきりしていませんが、睡眠不足や飲酒、ストレスで増悪します。赤ら顔の治療は難しく長期間かかることが多いです。当院では保険診療に加えて赤みを取る効果が強い光治療器(アイコン)を導入しております。